バタフライアブスを使ってみたところ、最も弱いモードにすると優しいマッサージのような感覚なので、肩こりや腰痛、足裏のマッサージなどにも使えるのでは?と思いました。

脇腹に貼って弱めで使えば、程よいマッサージ効果で腰痛も改善できそう。

でも、こういう使い方をしてもいいのでしょうか?

調べてみたところ、下半身のマッサージに使っている人はいるようです。

例えば、ふくらはぎや足裏、ふくらはぎ側のかかとに近い部位などに使っているという口コミも見受けられました。

ただし、筋力アップのためでなくあくまでも「ほぐし効果」を期待して使っているようです。

私も、ちょっと試しに足裏に使ってみたものの、パッドの消耗がそれだけ早くなるので、筋トレしない部位にわざわざマッサージ用として使うのは勿体ないな…と思いました。

また、よく調べてみると、心臓のあたりから上(胸・顔・頭など)には使用してはいけないということなので、肩のマッサージとしての使用はしないほうが無難です。

肩甲骨あたりに貼ってしまうと心臓に近いですし、首に近い部位に貼れば頭に近いので危険があるかもしれません。

また、バタフライアブスの公式サイトなどに「肩こりの治療や腰痛の治療に使える」というような記載もされていません。

男性の場合は、肩の筋肉を鍛えたいとき、なるべく腕に近いほうに貼るという貼り方なら良いかもしれませんが、首や心臓に近い側に貼ってしまうのは良くないのでは?と思います。

バタフライアブスは、なんといってもすごい振動パワーのあるEMSマシンですから、もし、本来の目的以外に使って筋肉や骨を痛めるようなことがあったら大変です。

ですから、バタフライアブスは肩こりや腰痛の治療のためには使わないようにしましょう。

ウエストの引き締め、太ももの引き締め、二の腕の引き締め、ふくらはぎの引き締めといった目的で、正しく使うようにしたほうがいいですね。